• p!ntoイメージ画像01
  • p!ntoイメージ画像02
  • p!ntoイメージ画像03
  • p!ntoイメージ画像04
  • p!ntoイメージ画像05
  • p!ntoイメージ画像06
  • p!ntoイメージ画像07
  • p!ntoイメージ画像08
RAQDA
CONCEPT・コンセプト
坐骨を曲面で支える機能クッション。“ラクダ”

座り姿勢において、背骨のバランスをとる要は坐骨です。坐骨で立つことができると良い姿勢になります。坐骨を軸に動くことができるとスムーズな動きが生まれます。しかし、小さく丸い形状の坐骨は正しい位置を保つのが難しく倒れてしまうので姿勢も崩れてしまうのです。

RAQDAはそんな坐骨のための座布団。

坐骨を優しく支え、正しい姿勢と腰に負担をかけない活動を導きます。

エスリーム技術が可能にした心地よさ。

RAQDAは、エラストマ素材の流動性、低反発をしのぐ究極の柔らかさと復元力で、坐骨が最適な位置で立ち続けることを可能にします。エラストマの最適な充填量とクッション形状により大腿骨の形状もそのまま支えるので軽い力で前方へ体重を移動させることができ、腰や股関節にかかる負担を軽くします。さらにエラストマの弾力性と復元力が重心の移動を助け、股関節が動きやすく、安定した姿勢と活動性を実現します。良い姿勢を保ちやすく、姿勢の保持と運動にかけるエネルギーが軽減するからお尻もカラダも楽になるのです。

DEVELOPER COMMENTS
野村寿子

ラクダ開発者

作業療法士野村寿子

作業療法士歴35年。年間300件を超える採型を行い、1万人以上の姿勢に関する相談や、様々な姿勢に関する悩みを解決。6年間で累計20万台販売のp!ntoシリーズをデザイン。著書、講演なども多数。BSフジ「一滴の向こう側」出演。

人と環境をマッチングさせて機能の向上を目指すのが作業療法士の仕事です。「複雑な形をした人の体」と「適度な充填量を保ったエラストマー素材」が出会うと、不思議な安定感と機能的な動きが得られます。座り続けなければならない生活を体の負担にしないために、いつでもどこでも気軽に使えるRAQDAを作りました。

-
  • もっと詳しくラクダを知りたい方はこちら
  • ご購入の方はこちら