• p!nto moldseatイメージ画像01

    特許第6247675号
    特許第6298088号

  • p!nto moldseatイメージ画像02
  • p!nto moldseatイメージ画像03
  • p!nto moldseatイメージ画像04
  • p!nto moldseatイメージ画像05
p!nto × SOU・SOU
CONCEPT・コンセプト
姿勢環境を整えることで、子どもたちの成長を見守っています。

子どもたちが1日の中で最も長く椅子に座っている場所が学校。
そんな学校内での姿勢環境を見直すことは、
子どもたちの成長そのもを考えることに繋がります。
例えば授業中、先生の話を正面を向いて聞くか、
下を向いて聞き流しているかで、
得られる情報はずいぶん変わってきます。
それは姿勢によって授業への取り組み方が
変わることを意味しています。
どんなものに出会って、どのように関わって、
何を吸収するかによって子どもの発達は大きく違ってきます。
その関わりの基盤となるのが姿勢。
ピントスクールは子どもたちの学校生活の基盤となる座位環境を整え、学習姿勢を育てるクッションです。

DEVELOPER COMMENTS
野村寿子

ピントスクール開発者

作業療法士野村寿子

作業療法士歴35年。年間300件を超える採型を行い、1万人以上の姿勢に関する相談や、様々な姿勢に関する悩みを解決。6年間で累計20万台販売のp!ntoシリーズをデザイン。著書、講演なども多数。BSフジ「一滴の向こう側」出演。

「座る環境が変われば姿勢だけでなく授業中子どもたちの落ち着き、集中、意欲、そして学力に必ずいい影響を与える。そして子どもの良い姿勢の習慣を身に付けることは、大人になってからの肩こり、腰痛、そして高齢者の介護予防にまでつながるのではないか。」これは、子どもたちの生活環境を見続けてきた作業療法士としての私の確信でした。子どもたちが学校で使っている硬い椅子に何時間も座り続けることが、とても苦痛なことであることは容易にイメージすることができます。心身ともに大きく成長する重要な時期に、子どもたちが苦痛に耐える習慣と悪い姿勢を身につけてしまわないために、子どもたちが最も長く座っている学校で使うことのできるピントを作りたいと思いました。
関東の福祉機器展で学校用の姿勢保持クッションをご紹介していた時のこと、「このクッション防災頭巾にならないですか?今防災頭巾を座布団代わりに敷いているのでこのクッションを持っていくと防災頭巾の置き場所に困るのです…」というお母様のご意見をいただきました。
「防災頭巾?」関西で生まれ育った私には耳慣れない言葉で、始業式に子どもたちが防災頭巾を持って登校する姿を想像することができなかったのですが、同時に「災害が起こる可能性は全国にあるのになぜ関東だけ?」という疑問も湧きました。「学校で違和感なくピントを使ってもらう」ために、「防災の習慣を全国の子どもたちの常識にする」ために、という2つの目的がつながって生まれたのがピントスクールです。
「起こって欲しくない災害を想定して持っていく防災頭巾を、姿勢をよくして快適に授業を受けるためのポジティブな持ち物として使って欲しい」というのも私がこの商品を作ったコンセプトの1つです。

-
  • もっと詳しくp!nto moldseatを知りたい方はこちら
  • ご購入の方はこちら