• p!nto × SOU・SOUイメージ画像01
  • p!nto × SOU・SOUイメージ画像02
  • p!nto × SOU・SOUイメージ画像03
  • p!nto × SOU・SOUイメージ画像04
  • p!nto × SOU・SOUイメージ画像05
  • p!nto × SOU・SOUイメージ画像06
p!nto × SOU・SOU
CONCEPT・コンセプト
SOU・SOUとのコラボレーションで、ポップなテキスタイルの「p!nto」が誕生しました。

『新しい日本文化の創造』をコンセプトに
オリジナルテキスタイルを作成し、地下足袋や和服、家具等を製作、販売する京都のブランド「SOU・SOU(そうそう)」と、
「p!nto(ピント)」のコラボレーションが実現。
「p!nto」の機能に「SOU・SOU」のポップなテキスタイルデザインをプラスすることで、より多くの人に元気を届けることを目指します。

SOU・SOU

2002年に設立された「新しい日本文化の創造」がコンセプトの
京都のテキスタイルブランド。日本の優れた繊維製品や伝統工芸品をモダンデザインの力で蘇らせることによって地場産業の活性化にも努める。

http://sousounetshop.jp

DEVELOPER COMMENTS
野村寿子

ピント開発者

作業療法士野村寿子

作業療法士歴35年。年間300件を超える採型を行い、1万人以上の姿勢に関する相談や、様々な姿勢に関する悩みを解決。6年間で累計20万台販売のp!ntoシリーズをデザイン。著書、講演なども多数。BSフジ「一滴の向こう側」出演。

ある時、SOU・SOUのデザインを見て、新しい商品のアイデアが浮かんできました。それからSOU・SOUの商品を買うたびにその思いは強くなり、ある日思い立ち、その次の日には京都のお店に足を運んでいました。
若林代表には、ピントが生まれた背景をじっくりお話しました。障害を持つ方のための商品から、普遍的な元気の仕組みをより多くの方にお届けするためにピントを作ったこと、そしてそのピントがよりたくさんの方の目に留まり、手にとっていただき、元気をお届けするために、SOU・SOUのテキスタイルデザインを使わせていただきたいとお願いしたのです。ニコニコ聞いてくださる若林さんにSOU・SOUというブランドを大切に育ててこられた想いを感じ、コラボレーションって商品に想いがひとつ重なるということなのだと思いました。
作品を生み出す人のあたたかさが、SOU・SOUのデザインにはあります。それがたくさんの人が元気になってほしいと願ってピントを生み出した想いと重なり、「使いたいな」、「あの人に使ってもらいたいな」、「あの場所で使うのが似合うな」…そんな、出会う方の心を動かす力となって、多くの人に届くよう願っています。

-
  • もっと詳しくp!nto × SOUSOUを知りたい方はこちら
  • ご購入の方はこちら